ドライヤーの正しい使い方

無添加の白髪染めランキング

白髪染め後のシャンプーを終えたら、ドライヤーを正しく使って髪を手早く乾かしましょう。

無添加白髪染めTOP > ドライヤー

シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす

白髪染め後、シャンプーで仕上げた後は、しっかりタオルドライをして、ドライヤーをかけましょう。

ドライヤーは熱が強いので、髪を傷めると敬遠されがちですが、水を含んだままの髪はキューティクルが開きがちになり、摩擦によって髪が傷む可能性があります。

特に白髪染め後は、染料の影響でただでさえキューティクルが開いているので、ドライヤーで手早く乾かしてしまった方が賢明です

ただし、ドライヤーを長時間当て続けると髪に負担がかかるのも事実ですので、正しい使用方法を守って、なるべく手早く済ませるようにしましょう。

ドライヤーの正しい使い方

ドライヤーの温風はかなりの高熱を発しているので、長時間かけ続けると髪や頭皮が乾燥しすぎて傷む原因となります。

よって、まずはドライヤーの温度を『弱』に切り替え、必要以上の熱をかけないようにします。

また、ドライヤーをかける時間を短縮するため、タオルドライはきっちり行っておきましょう。

ドライヤーをかけるときは、熱によるダメージを防ぐため、頭部から15~20cmほど離して使用するようにします。

このとき、同じ箇所に当て続けるとダメージの原因となるので、こまめにドライヤーを動かすところがポイントです。

ドライヤー使用時の注意点

ドライヤーを使用する際、最も注意するポイントはかけ過ぎないことです。

ドライヤーをかけ過ぎると、高熱によって髪や頭皮に負担がかかるほか、必要な水分まで奪ってしまい、乾燥のもとになってしまいます。

よって、髪は完全に乾かしてしまうのではなく、約8割ほどにとどめ、残り2割の水分は保湿用として残しておくようにしましょう。

ちなみに、髪のダメージが特に気になる方は、マイナスイオンで髪のダメージを補修するマイナスイオンドライヤーの使用をおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 無添加の白髪染めランキング All Rights Reserved.